記事一覧

ヒシャクを改造する 【デュエル TGマジックシャフト】

上の3本は私が使っているヒシャクです。ベースになっているのは、デュエルのTGマジックシャフト(65cm)、同ロング(75cm)です。【TGマジックシャフトの良いところ】グリップが握りやすく、手元を見なくても形状でカップの向きが分かるのがGood!オーバースローでもアンダースローでも撒きやすく、マキエをコントロールしやすいです。※25cmまでのメジャーもプリントしてあります。コスパも優れており、実売価格2500円程度で手に入...

続きを読む

【チヌ針選び】 ささめ針 遠投オキアミチヌ 

魚との唯一の接点であるハリ。現在では本当にたくさんの種類のハリが発売されていますね。この記事では、僕がチヌ針を選ぶにあたって重視しているポイントと、メインに使っている遠投オキアミチヌについて書いてみます。目次はじめにどんな針を選んだらいいだろう?1、チヌ針に求める3つの要素1-① ひねりが入ったハリが良い1-② ケン付が良い1-③ なるべくいっぱい入っていてほしい2、ささめ針 遠投オキアミチヌが最適...

続きを読む

ウキフカセ釣りにPEライン 使えるシチュエーションとおすすめラインの紹介

ここまで2回にわたって、ウキフカセ釣りにおけるPEライン道糸のメリット・デメリットについてお伝えしてきました。ここでは、具体的にどのようなシチュエーションで使うのが良いのか?考えてみたいと思います。まず、離岸流や波の打ち返しなど変化の激しい浅場ポイントでは、PE道糸のメリットを最大限に享受できますね!(ゴミが寄せてないか、少ない時に限る)夏のスイカ釣り、浅場ポイントで潮に乗せて流していくような釣りにも...

続きを読む

ウキフカセ釣りにPEライン アリ?ナシ? デメリットと対策編

前回の記事ではPEラインのメリットをお伝えしましたが、当然デメリットもあります。ここでは私が感じたデメリットと、それぞれの対策をお伝えしていきます。私が感じたデメリットは次の4点。(1)ゴミが引っかかりやすい海面に漂流物や藻などが多くある場合、表面がつるつるしているナイロンラインより撚り糸であるPEラインは、このようなゴミを拾いやすくなります。このレベルより漂流物が多ければ要注意しかも!PEラインは直線...

続きを読む

ウキフカセ釣りにPEラインの道糸 アリ?ナシ? メリット編

ウキ釣り・ウキフカセ釣りの道糸は、長年ナイロンラインが主役でした。これからも主流はナイロンで変わらないと思います。しかしこのところ、船釣りやルアー釣りのようにPEラインを使った釣り方が注目を集めています。広島のチヌ釣り名人、大知昭さんも近年PE道糸を使われているとか。キザクラからは、『黒魂』ブランドからチヌ釣り専用PEラインが発売されていますね。私もここ2年ほど、上越のフィールドで様々なシチュエーション...

続きを読む

プロフィール

fuucha

Author:fuucha
釣り好きであり、釣りバカである。
釣りたい魚・・・
クロダイ、メジナ、アジ、シロギス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、マダイ、キジハタ、メバル、アイナメ、カレイ、イナダ、アオリイカ…etc
要するに何でも釣りたい。

よく読まれている記事

ご訪問ありがとうございます