FC2ブログ

記事一覧

続・晩秋のクロダイと冬の使者!?

えっと、仕掛けを変えたらウキが沈んで・・・

「こ、この手ごたえは」!

そうです、クロダイに間違いありません!

最初は手前に走ったので一瞬

「別の魚?」

と思いましたが、海が透け気味なのでギラリと光った銀色が見えました。!
慎重に寄せてきてタモ入れ~



40弱のクロダイちゃん

この銀色は何度見てもたまらないものであります。
キーパーバッカンにIN!

そしてすぐさまエサを付けて次の一投。
「同じパターンでもう一度釣れるかもしれない!」

そんな風に思いながら、鼻息荒く仕掛けを流します。


クロダイは1匹掛かると、そいつが暴れる様子を見て活性が上がるのか、それとも
「おれにもエサよこせー」と捕食モードになるのか、真相は分かりませんが、連続して
釣れてくることがあります。

すると次の1投でまたしてもウキがじわっとしもります。
なかなか持っていかないので、すこーし道糸を張り気味にして待っていると、スプールからパラララ・・・

とラインが出ていく!

そこですかさず合わせ!





ぐぐーん!

「きたあああよっしゃああああ!」

今度の魚は勢いよく沖に走ります。
浅場でクロダイを掛けた時は、竿で溜めきろうとすると岩などに擦れてハリスが切れてしまうことがあるので、充分走らせて沖で弱らせて寄せることにしました。
走りが止まったところで、根を1つずつかわしながら寄せてきます。

「ああ~、気持ちいい~」

そのままランディング~

今度のも同じ位のサイズですが、最初の魚より身が厚くてヒレもピンとしていて、コンディションの良い魚でした。
キーパーバッカンにポーン!



だいぶ賑やかになってきました。


これでクロダイは充分満足、あとは

「メジナが来ないかな~」

と釣り続けましたが、残念ながら追加はならずここで納竿の時間となりました。



さて、鮮度を保つためにきっちり〆て帰宅…
僕の釣りはキャッチアンドイートが基本です。


「胃の中をはいけーん…」



1枚目のクロダイにはオキアミがぎっしり。



これはいけませんね。このクロダイはずいぶん前からポイントに居たはず。
もっと早く釣る方法はあったのでしょう。ムギなんかは全く入っていないので、もしかしたら浮いていたかも。
まだまだ未熟者ですね。

ちなみに2匹目の胃の中は、砂とカニのツメが1本入っていただけでした。

お次はアイナメ…
夏が旬の魚だと思っていましたが、捌いているうちから脂がノリノリ!

こちらもオキアミがぎっしり。


あとギンポ?か何かの消化されかかったやつが入っていました。
アイナメも大型になると魚食性も強くなるのかな、今度はワームや投げ釣りでも狙ってみたい。

アイナメはお刺身に…(半分は親戚におすそ分けしました)

捌いている時から弾力がありそうだったんで、少し薄めに切りましたが、これが正解!
もちぷりの食感とほんのりとした甘味が広がって絶品でございます。

少しだけ抱卵していたので、わずかな卵はしらたきと一緒にしょうゆ味でひと煮立ちさせてみました。

普段はタラコでやります。旨いことは旨いのですが・・・

「ちょっと粒の感じが硬いかな・・・」

次釣れたら別な調理法を試してみましょう。


クロダイはキムチ鍋に。今回の魚はクロダイ独特のにおいが少し気になったので、クロダイの身と相性が良いキムチとの味付け。


(鍋の写真撮り忘れた)キムチの素をベースにしただし汁に、ぶつ切りにしたクロダイの身や野菜をぽいぽーい!っと入れて煮立てただけのお気楽料理。ところが食べてみると…
プルプルの皮と口の中でほぐれる身が抜群に旨い!

あー、今回も堪能いたしました。

次はカレイのリベンジと、あとグレしゃぶ目当てにもう一度ウキフカセかな!
早く釣りに行きたいな!

【タックルと仕掛け】
・竿:ダイワ DXRエアチューン1.15-50
・リール:ダイワ インパルト2500LBD
・道糸:東レ 銀鱗SSちぬブラックマスター1.5号
・ハリス:サンライン トルネード船ハリス 1.5号
・ハリ:ささめ針 遠投オキアミチヌ 2号

マキエレシピ: オキアミ3キロ アミエビ1角 マルキュー爆寄せチヌ半袋 米ヌカ1.5キロ(3時間分)
サシエサ:生オキアミ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuucha

Author:fuucha
釣り好きであり、釣りバカである。
釣りたい魚・・・
クロダイ、メジナ、アジ、シロギス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、マダイ、キジハタ、メバル、アイナメ、カレイ、イナダ、アオリイカ…etc
要するに何でも釣りたい。

よく読まれている記事

ご訪問ありがとうございます