FC2ブログ

記事一覧

マキエを混ぜるにはマゼラー?それともスコップ?

この記事では、ウキフカセ釣りのマキエを混ぜるための小道具について考えてみます。

いわゆる「マゼラー」や「スコップ」です。

目次
はじめに
マゼラー型
・ダイワ プロバイザーコマゼ
スコップ型もある
・タカ産業 マキエスコップ
結局どちらが良いの?

おわりに


はじめに


目立たない、だけど忘れるととても困るのがマゼラー
以前釣り場で忘れた時は、仕方なくその辺に転がっていた流木を使って混ぜたこともあります。

当然、非常に使いにくかったです。
釣具店で練り船を使って作っていく場合でも、途中で硬さを調整したり、混ぜ直したりする時には必要になりますね。ウキフカセ釣りをする時には必ず携行しておきたいアイテムです。

マゼラーには大きく分けて2タイプあります。

マゼラー型


一つはダイワ、シマノ等各社から販売されている「マゼラー型」です。僕が持っているのはダイワの「プロバイザーコマゼ」



シマノのも友人から使わせてもらったことがありますが、軽い力でもとても混ぜやすかったです。

どちらも信頼できます。

さて、ダイワのマゼラーですが、なんといっても丈夫さがウリ
とにかく頑丈で、どんなに力を込めても壊れる気がしません。海に落とすなどして失くしさえしなければ一生ものでしょう。

先端部分は少し薄くなっており、半解凍オキアミを切ったり刻んだりするのもお手の物。

真ん中に大きな空洞があることで、混ぜる時は軽い力で効率よく撹拌できます。丁寧に混ぜればオキアミの粒が潰れにくいという利点もあります。

スコップ型もある


もう一種類はスコップタイプ。
こちらも持っています。僕のはタカ産業のマキエスコップ。



混ぜる時は力を込めやすく、バッカンの中にすっぽり収まるサイズ感がGOOD。
先端部分でオキアミを崩すことも容易です。

角が丸くバッカンの底に傷が付きにくいところも気に入っています。
最近はダイワからもスコップタイプが発売されているようですね。


そして…
スコップ型にしか出来ない事があります。

それは「圧を加える事」
スコップの”背”の部分を押しつけることで中の空気を抜き、密度を高め、ずっしりねっちりとしたマキエに仕上げることができます。そうすることでより遠投性に優れ、底に溜まるようにすることができるのです。

また、地味ですが、スコップで掬って「移し変える」ことができるのも利点です。

スコップ型の方は、アウトドア(バーベキューグッズ)の十能を使えば自作もできますね。今のが壊れたら試してみたいです。

結局どちらが良いの?


マゼラーとスコップ、どちらが良いか?と聞かれれば、どちらも良いですね。ケースバイケース。

使い分け方としては(そこまでこだわる必要があるかはさておき)

○重めのマキエをねっちり固めて、遠投性を高めたい。
○底に溜まるようにしたい。
○マキエを移し変える場面がある。

スコップを使う。

このようなマキエを用意するのは、たいていチヌ釣りの配合ですね。よって、チヌマキエにはスコップが相性が良いです。
そういえばチヌ釣りの場合はマキエを「練る」と表現しますね。

それに対して、次のようなマキエにしたい時は、マゼラーの出番です。

○オキアミの粒をなるべく残したい
○拡散性が高まるよう、ふんわりと仕上げたい。
○なるべく沈下を遅くしたい

マゼラーを使う。

このようなマキエが効果的なのは、主にグレ釣りですね。浅場の場合は、チヌマキエでもこのように用意する場合もあります。


おわりに


僕の場合、ウキフカセ釣りでは主にチヌ釣りの方がやや多いので、スコップを標準装備していきます。マゼラーの方は車に積みっぱなしにしておき、出番があれば使います。
(スコップを忘れた場合も助かる)

マゼラーは安い物では500~1000円程度で手に入りますが、経験上「角度調整機能」が付いている物は、一見便利そうですが壊れやすいです。

マキエを混ぜる動作は、マゼラーにかなりの負荷がかかっているのでしょう。
余計な機能のないシンプルな物が長持ちします。

マキエはウキフカセ釣りの生命線ですからね。
丁寧に混ぜると混ぜないとでは釣果に大きな差が出ますね。
我々はせっかくたくさんお金を使ってマキエを用意しているのですから、マキエには最大限働いてもらいましょう!
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuucha

Author:fuucha
釣り好きであり、釣りバカである。
釣りたい魚・・・
クロダイ、メジナ、アジ、シロギス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、マダイ、キジハタ、メバル、アイナメ、カレイ、イナダ、アオリイカ…etc
要するに何でも釣りたい。

よく読まれている記事

ご訪問ありがとうございます