FC2ブログ

記事一覧

アイマ ガン吉の激似ジグを検証 オルルド釣具のメタルジグ

この中に本家アイマガン吉が1個だけ入っています。どれでしょう。


正解はこれ。

黒目のところに切れ込みが入っているアイマ独特のデザインで分かります。

他のは全部、最近ネットで出回っているガン吉に激似のジグ
オルルド釣具のメタルジグ。


画像はどうみてもアイマガン吉にしか見えなくて実際にはどんなもんかと試しに購入してみたんです。

10ケ入りで2000円ちょっと。

1ケ約200円。安い。

本家だとその3倍はするだろう。
しかもけっこうツボを押さえたカラーを揃えてくれて、実に釣れそう。

ただ画像からはガン吉のオマージュにしか見えないが。いいのかな、これ。

実際に使ってみると、普通に泳ぐ。
ヒラヒラとフォールする。

キャストの際もくるくる回ったりすることはなく、しっかりと飛んでいく。
むしろよく飛ぶ。

普通に釣れそう。


ただ細部を見ると違うところはあって…



オルルドの方は…

・長さが5mmほど長い
・アイに使われている鋼材がやや細い
・背部にテーパーが無い(本家は徐々に細くなっている)
・わずかに高さが違う(本家の方が体高がある)

ただ、どれもわずかな違いでしかなく、よく似せてできていると思う。

使っていると塗装はカンタンにぽろぽろとはがれ落ちるのでドブ漬けのウレタンコーティングは必須。
また、アイの部分がすぐに錆びてきてフックに移る。
使用後は速やかに洗って乾かす必要あり。


本家の方は、行き届いた塗装。丈夫太めのアイ。
センターからややリア寄りに配置された重心。
さすがと思わせます。


ただ、実釣する上で本家とオルルドでどの位釣果に差はあるか?
と問われれば…


多分あんまり差は無い。

本家の実績はこれまで多々挙げられているが、状況によって本家の泳ぎがよりアピールする場合もあれば…
オルルドの光や動きがよりマッチする場合もあるかもしれない。

むしろ、安物の方が根がかりを怖れずボトムをタイトに攻められる分有利かも。

本家ガン吉を選ぶメリットとしては…
・細部のクオリティが高い
・好きなカラーを選べる
・ブランド力
この要素が金額差分を上回るかどうか。

実際「これなら釣れる!」と確かな自信を持ってキャストできるってことは、モチベーションの維持にとても大切ですからね。
僕もここ一番ではガン吉を結びそうです。

今年の春の青物シーズンが楽しみです。
たぶん釣れると思う。


2009年 6月~9月 024


春の上越では、イナダはどこでもたくさん釣れます。
味は秋冬より少し落ちますが、肥った個体を選んでキープすればそこそこ美味しく食べられます。

早ければ3月くらいから接岸が始まります。

楽しみたいですね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuucha

Author:fuucha
釣り好きであり、釣りバカである。
釣りたい魚・・・
クロダイ、メジナ、アジ、シロギス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、マダイ、キジハタ、メバル、アイナメ、カレイ、イナダ、アオリイカ…etc
要するに何でも釣りたい。

よく読まれている記事

ご訪問ありがとうございます