FC2ブログ

記事一覧

ふかせからまん棒のズレ対策

ウキフカセ釣りの名脇役といえば、ふかせからまん棒ですね。
ふかせウキゴム×2個を道糸に通し、軸の両端を差して固定すればできあがり。

中通しウキ仕掛けでは、これを付けておくことでウキがハリの所まで落ちてくるのを防いだり、ウキ下を調整したりすることができます。棒ウキ仕掛けではこれが無いと糸ガラミが頻発します

文字通り、糸ガラミを防ぐアイテムです。
また、水中の仕掛けの角度や入り具合を見たり、アタリを取るためのマーカーの役割も果たしたりしています。

※ふかせからまん棒は、釣研の登録商標です。他のメーカーは「スクラムストッパー」(オーナー)
「D-ストッパー」(ダイワ)など、別の商品名にしていますが、求める機能は一緒です。


本家はずれやすい?


こちらが本家の釣研ふかせからまん棒。
オレンジのウキゴムとクリアの軸の組み合わせ。
イエローなど他にも色々あります。

セットするとこんな感じ。

視認性は抜群に良いです。
しかし、この本家。キャストを繰り返したり、魚とのやりとりをすると、結構な確率で下へとずり下がってきます。
ウキゴムが数度の使用で緩んでくることも原因かと思います。

このふかせからまん棒がずれないようにするにはどうすればいいだろうか。いくつか考えてみました。


ズレないようにするには…

○2コ付けする

からまん棒×ウキゴムのセットを2個付けることで衝撃を分散させ、ズレを防ぐことが出来ます。
2個付けることでマーカーとしての効果も高まります。それでもズレることはあるので根本的な
解決にはなりませんが、有効な手です。

○ふかせからまん棒ロックを使用

こちらがふかせからまん棒ロック。
軸の中心にミゾがあり、そこに道糸を1回巻きつけることで、滑りやズレをほぼ完璧に無くすことができます。

ただし気になるのは、負荷がその部分に集中してしまうこと。細い道糸では使用しない方が良いのかと思っています。


おすすめはダイワのD-ストッパー

個人的にズレが少ないと思うのはこれ。

ダイワのD-ストッパー。
軸が太く、縦にミゾが入っておりラインを傷めにくい。
ウキゴムもふかせウキゴムより若干硬質で長持ちする。市販品ならこれが良いです。


※オレンジカラーばかりなのは、道糸がイエローを中心に使っているので、より見やすくするためです。


★自作のヨウジ止めが意外と良い★

意外と良いのが、どこの家庭にもあるツマヨウジで作ったもの。

右のように両端を削ってもいいですが、面倒な時は左のように端を切るだけでもOKです。
ツマヨウジは濡れるとグリップが思いのほかよく効き滑りにくくなります。

第一精工の一番安いウキゴムや、チューブ状で安く売っているゴム管を切って取り付けます。

比重には多少ばらつきが出るが、遠矢ウキなどの棒ウキにはこれが一番良い。
ズレない。安い、いくらでも作れる。痛んだらすぐ捨てる。

でも全然惜しくない。

天然素材で環境にやさしい。
好みの長さ・太さにアレンジできる


と、いいことづくめの自作ヨウジ止めです。

ウキゴムのズレに悩んでいる方の参考に少しでもなれば幸いです。
また僕も色々と試してみたいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuucha

Author:fuucha
釣り好きであり、釣りバカである。
釣りたい魚・・・
クロダイ、メジナ、アジ、シロギス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、マダイ、キジハタ、メバル、アイナメ、カレイ、イナダ、アオリイカ…etc
要するに何でも釣りたい。

よく読まれている記事

ご訪問ありがとうございます