記事一覧

シマノ ソアレBBアジング S604ULSのインプレ


【はじめに 】
この記事では、シマノのアジングロッド
ソアレBBアジング604ULS ジグヘッドスペシャルについて書いていきます。

購入した理由

僕はアジを釣ろうと思った時、投げサビキ、ウキ釣りで狙うことが多いです。
アジは美味しいですからね、確実に釣果が得られそうな釣法を選択すると自然とこうなりますね。

ではなぜこのアジングロッドを購入したのか。
それは”アジング”というものを単純にやってみようと思ったからです。
メーカーの戦略もあるだろうが、これだけ人気となっているのには何か人を惹きつける、サビキやウキ釣りには無い面白さがあるのだろうと(なぜかは分からないがあまり乗り気はしなかったが)。食わず嫌いはよくないですよね。

※アジングを実際に何十回かやってみて、なるほど面白いと思ったのは、ジグヘッド単体の釣りだけです。
極細のラインと使用するのはジグヘッドのみ。
その超シンプルな仕掛けでアジのアタリをダイレクトに感じ、掛けていく。
これは確かに面白い。
ライトゲームには日本に昔から伝わるタナゴ釣りなどに通じる趣があるように思いますね。
ただ、フロートを付けたり、スプリットショットにしたりしてまで「アジング」にはこだわらなくてもいいかなとも思いました。のべ竿のウキ釣りもそれはそれで趣がありますのでね。



あとは港内の小メバルやカマス、超ライトタックルで狙うシロギス釣りなんかにも使えて楽しそうだな~と。
そんな風に思ってエントリーモデルを色々探していくうちに、こちらのロッドに行き着いたわけです。
安心のシマノ製。実売価格1万円を切り、オールsicKガイド搭載。自重がわずか68g。
これはいいんじゃないかと思いました。

スペック

S604ULS ジグヘッドスペシャル 
オールsicKガイド、タフテックソリッド穂先搭載。

全長 1.93m
継数 2
仕舞寸法 99cm
自重 68g
先径 0.8mm
適合ルアーウェイト 0.3-6g
適合ライン PE0.1-0.4号(1~3lb)
リールシート位置 250mm
カーボン含有率 86.3
価格 14,000円

実売価格は9500円前後でしょう。かなりお買い得感はあります。


外観

ギリギリまでコスト削減するためなのか。
付属品はケースと説明書のみ。竿袋・保証書は付いていません。潔くて良い。

持ってみると、やはり軽いです。
曲げてみるときれいなカーブを描きます。


穂先は折れにくいタフテックを使用。穂先部分のガイドには蛍光オレンジで塗装が施されており、非常に見やすい。
「乗せ掛け調子」と謳われているとおり、穂先は少しだけしなやかにできているようです。

グリップはシマノオリジナルリールシート
ガイドはオールSICのKガイド仕様。

この価格帯で良くやってくれたものです。おかげでライントラブルは非常に少ないです。

ジョイント部もガタつきや緩みはなく安心できます。

ティクト・スラムUTRとの比較

アジングにはまっている友人にティクトのスラムUTRを使わせてもらったことがあります。
正直比較するには酷な相手ですが、両方使った感覚をば。

スラム×ヴァンキッシュ1000 エステルライン0.2号 ジグ単0.9g

ソアレBB×アルテグラ1000 エステルライン0.3号 ジグ単1.2g

【軽さ】
スラムを100とすれば、ソアレBBは65
持ち比べると、ソアレBBにはもったりとしただるさというか重さはあります。むしろスラムの尖った軽さが際立ちすぎているとも。

【感度】…巷でいう○○感度とかは正直あまりよく分からないので自分視点で。

○着底の分かりやすさ
スラム…100 ソアレBB…55

スラム…はっきりわかる 
ソアレBB…「まあ、たぶん、着底しただろう」
でも着底したことは感じ取れます。必要充分。

○ジグヘッドの存在をどのくらい感じられるか
スラム100:ソアレBB60

スラム…フォール中も感じる。ピンピンと張ればその都度分かる。
ソアレ…フォール中はなんとなく分かる程度。気を抜けば存在を見失う
リトリーブ中は心配ない。必要充分。

※スペックでは適合ウェイトは0.3gとなっているが、現実的にはそれだと無理。
(ステラを使い、0.1号のエステルラインだったら使えるかもね)
分岐点となるジグヘッドの重さは自分の感覚だと1.2g。
風や波などノイジーな条件を加味すれば、1.5g以上ならジグヘッドの存在は充分に伝わると思う。
0.9g以下だとぼや~っとして伝わらない。何をやっているか分からない時の方が多い。

【アジのアタリ】 
スラム100 ソアレBB70

穂先に「コッ」と出るアジのアタリもそこそこ良く分かる。
乗せ掛け調子とあるが、タフテックソリッド穂先が少しだけ曲がりこむ分,掛ける要素より乗せる要素の方が強いのでは。それが思いのほかプラス。
”アジのかすかな吸い込みアタリを捉えて上アゴに掛けに行く”
な-んて超絶技巧は使えないけど、素人の自分でも確実に分かるアタリは確実に伝え、柔軟なティップがうまく「乗せる」。

必要充分。どころか、魚を掛けるという点においてはこのロッドはスラム相手でもかなり健闘していると思う。不思議とバラシが少ないのもプラス。


ここまでの評価

スラムを借りて思いましたが、さすがにハイエンドクラスは一味もふた味も違う。
奥が深くない釣りなど存在しませんが”アジング”を突き詰めた末にしかたどり着けない世界を持っていると感じます。

ソアレBB×アルテグラで釣りをしていると、全体的に竿を通して伝わる情報に、なんとなくぼや~っとした、もやがかかったような感覚は確かにあるけど、おそらくこれをぬぐい去るにはロッドもリールも遥か上のランクが必要なのでしょう。

それはわかる。




でも、我らがソアレBBも悪くない

実釣において不足だなと感じる面はほとんどなく、ちょうど良いマイルド感があります。
むしろ、魚を乗せる、そして掛けるという点においては絶妙なバランス感覚があり、秀逸
与えられた素材は決して高級なものではないにもかかわらず、驚くべきコストパフォーマンスを実現している。
ここは素直にそう感じます。初・中級者にも非常に優しいロッドだと思う。

それこそ「アジング体験」用には十分すぎると感じましたし、感度や軽さを極めようとすればよりデリケートな扱いが求められるので、多少ラフに扱ってもトラブルがないのはありがたい。

キャストや魚とのやりとりなど

【キャスト】
ティップは柔軟ですが、バットには案外張りがあります。
~1.2gまでのジグヘッドは、ティップのしなやかさを生かしながらもやや鋭くライナー気味に。
それより重めのジグヘッドは気持ちふんわりと飛ばすと飛距離が伸びるようです。
MAX6gとなっていますが、+3gぐらいまでは使えます。10g以上は厳しい。
ぼよ~んと飛ばすことになります。
あくまでもジグ単のアジングをメインに考えられたつくりなのですね。

【魚を掛けてから】
25cmクラスのアジとのヤリトリは全く不安なし。
25cmのメバルを掛けた時は、際で突っ込まれて少し苦戦しました。
どちらも抜きあげは余裕でした。

40cmのイナダを掛けたこともあります。オープンスペースでは時間をかけてランディング
できましたが、根が多い浅場で掛けた時は走りを止められずバラしました。

40cmのイナダを御し切れるほどのパワーは、バットには備わっていないです。
まあそれは当たり前。だってUL表記ですからね。本質的にパワフルさを求めるロッドではないです
だからノープロブレム。
ある程度の大きさの魚を掛けると、ただ重く感じ、魚の挙動が分かりにくくなります。


欠点は?

・リールシート下部が少し緩みやすい。 
樹脂製ですからね。どこでコストダウンしたかが見えますね。
少し気になる程度なのでそんなに大きな問題ではありません。

・自重68gの割にはやや持ち重りがする。
グリップエンドに10gほど板オモリを巻いたらちょうどよくなりました。
スペック上の自重が軽くても、必ずしも体感的に軽くはないという良い例です。
それでも78gなんですよね。軽い部類です。

いずれも許容範囲です。むしろこの価格のロッドにこれ以上の感度や性能を求めるのは酷かと。

まとめ


ソアレBBアジング ジグヘッドスペシャル
コスパの高い、とてもユーザー思いのロッドです。
エントリークラスのアジングロッドでここまでの性能はそうそう無いんじゃないかと思います。
(今後も含めて)
必要なところに必要なコストを割き、詰めるところは詰める(保証書も無いけど)
そのバランス感覚が非常に良い、秀でていると感じました。

自分としてはとても満足しています。
特に、他のジャンルの釣りをある程度やり込んでいて、アジングにも手を出してみたい、という方には最適ではないでしょうか。
このロッドを使い込んだ上で、さらにアジングを突き詰めたい!と感じたなら上のクラスへ行けば良いし、これで十分と思えば必要充分。

そんな指標となれるロッドかなと思います。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuucha

Author:fuucha
釣り好きであり、釣りバカである。
釣りたい魚・・・
クロダイ、メジナ、アジ、シロギス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、マダイ、キジハタ、メバル、アイナメ、カレイ、イナダ、アオリイカ…etc
要するに何でも釣りたい。

よく読まれている記事

ご訪問ありがとうございます