FC2ブログ

記事一覧

2018カタログを見て思う。何とかしてくださいよ、シマノさん…


今日シマノさんの2018カタログを頂いてきました。わくわくしながらお目当てのページを探します。

ディアルーナがモデルチェンジ

まず目を引いたのはNEWディアルーナ。このタイミングで仕掛けてくるとは正直意外だった。

スパイラルXにハイパワーX、マッスルカーボン、それに新しいパーフェクションシートが採用され、定価で27000~31000円。
全体的に相当な軽量化が施されており、90Lで120g、96MLで135gはずいぶん軽い!

気持ちはダイワのラテオかレイジーに傾いていたけど、このNEWディアルーナの登場で一気に分からなくなった。これは迷うな…
ちょっと振って比べてみないとな。

ボーダレス攻勢?

あと僕も持ってるボーダレス。
とうとう個別に6ページも割かれる一大カテゴリに成長していました。
ここまでボーダレスが栄える背景には、魚種別、釣種別、細分化が進みすぎたことがあるんですかね。

良い。
この調子でどんどんモデルを増やしておくれ。

ついでに得意の中間モデル「ボーダレスCi4+」も出しておくれ。
そしたら新調を考える。

ただ、これ以上ボーダレス内で細分化されると、今度は「ボーダレスの中のボーダレス」が必要になるのでは?という気はするが。

チヌ竿に異変…

えっと次に、チヌ竿はとページをめくっていくと…

あれ…

鱗海AXと鱗海エランサGPが無くなってる。
そうか、カタログ落ちしちゃったのね。

ところが問題は、その2機種に代わる追加モデルが存在しないこと

ってことは何か?
シマノのチヌ竿が欲しい人は

極翔硬調黒鯛   65100円~
鱗海アートレータ 80900円~
鱗海スペシャル  66000円~
鱗海マスターチューン 56400円~

この4種からしかえらべないってこと?

これはない。
が○かつもビックリな高級志向ですよ。
これではチヌのフカセ釣りの敷居が高くなってしまうではありませんか。

それともエントリー~ミドルクラスは磯竿で代用しておけってことなのかな。ちょっとこの点が疑問であります。
半年~1年後、今の上位機種のテクノロジーをふんだんに取り入れたエントリー~ミドルクラスのチヌ竿が並ぶことを期待しております。


並継投げ竿に新作が!でも…

…不満はまだある。

投げ竿だ。

新しくエントリークラスの並継投げ竿が出るらしい。
その名もSURF GAZER(サーフゲイザー)

位置的にはサーフランダーの下に来るようだ。
シマノ的には長らく出ていなかった廉価な並継投げ竿だ。カラーリングも深い紺色ですごく好感が持てるのだけれど…

このネーミング、なんとかならないもんですかね。(昨年出た「サーフチェイサー」も「チェイサー?何?」だったけど)

ゲイザー? GAZER 意味…見つめる者、観察者

意味を調べるとなるほどなと思うんですが、どうにもとっつきにくいというか、しっくりこないというか、正直あんまりかっこ良くないような気がするんですよね。

「竿何使ってます?」
「サーフゲイザーですよ」
「ああ、サーフゲイザーね」



もうちょっと前には「サーフリーダー」とか「プロサーフ」「エアロキャスト」とか、歯切れのいい

「ああ、いいな!」

と思わせるネーミングがあったんだけど、どうしてこうなっちゃったんだろう。
性能は価格に応じてよく頑張っていると思う。外観も良い。
だけどイマイチ購入の決め手に欠けるのはこのネーミングセンスではなかろうか。

いやまてよ、むしろイマイチなネーミングにすることであえて「キススペシャル」「スピンパワー」へと誘おうとしているのか?

しかしふつうの金銭感覚ではそうそう
100000円コースのスピンパには手が出しづらいですよ。

なんとかしてくださいよ、シマノさん…

とはいえ、カタログを眺めてる時のワクワク感はたまりませんね。いくつかの注目商品は店頭に並びだしたらまた見てみたいと思います。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuucha

Author:fuucha
釣り好きであり、釣りバカである。
釣りたい魚・・・
クロダイ、メジナ、アジ、シロギス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、マダイ、キジハタ、メバル、アイナメ、カレイ、イナダ、アオリイカ…etc
要するに何でも釣りたい。

よく読まれている記事

ご訪問ありがとうございます