記事一覧

ダイワ ラテオ90L 上越で汎用性の高いシーバスロッド

こちらは現在私が使っているLクラスのシーバスロッドです。

ダイワ ラテオ90L

このラテオ、実は旧旧モデルとなります。
ラテオ・パイレーツ→ラテオQ とモデルチェンジをしてきているのでね。
さすがに時代遅れ感が半端じゃないですね。

90Lシーバスロッドの有用性


上越ではLで9fクラスのシーバスロッドは非常に汎用性が高いです。

①本来のシーバス用に
②ホタルイカパターンのチヌ、メバル他色々用に
③サーフエギング用に

パッと思いつくだけでもこれぐらいは上がってきます。

なんでもロッド。

オールラウンダー向き。

①や②では、僕が良く使うタイドミノースリム120や、ホタルイカパターン用のズィークイッドやワンダー80など、軽めのミノーやシンペンとの相性が良く、柔軟なティップで乗りが良いです。
15g前後のスプーンやジグヘッドも扱いやすいのでサーフからのアイナメやキジハタにも。

③のサーフエギングでは水深のあるところのように強いジャークを入れなくても、ずる引き、あるいはゆったり大きくエギを動かすことが効果的な場面が多いので、この位のロッドが使いやすい。
もちろん長めのエギングロッドの方がその用途だけならベストなのでしょうが、
僕は1本のロッドで色々やりたいので、このロッドで十分なのです。

ガイドをKガイドに換装

購入はもう12~13年前になるんですが…

3年前にバットガイドが割れたのをきっかけに、オールKガイド化して使ってきました。

ガイドは自分で用意しましたが、スレッドを巻いて下さったのは上越の本間釣具店さんです。

とても丁寧な仕上がりでした。
1カ所500円(税抜)です。
※ダブルフットの場合は2カ所になり、ガイド1つにつき1000円になりますのでご注意を。
ずいぶんと酷使したので…

写真のようにティップが少し前に垂れてくるようになりまして、いいかげん限界を感じてきましたので…
90Lクラスのシーバスロッドを新調しようと思案しております。

90Lシーバスロッドの新調を考える

シマノのロッドはライトアクションでも張りがけっこう強い印象があるのでパス。
Mクラスを使いたい時はネッサがあるし。

名作と名高い現行ラテオはモデルチェンジ間近かな、でもこれを選んでおけば間違いは無い気もする…

次にモデルチェンジした時にはステンレスフレームにSIC-Sガイド搭載だろうか。
間違ってAGSとか付けてきて値段UPだと旨味が無くなりますね。
ラテオは今の適度にだるいマイルドな調子が良いんです。
チヌ竿みたいな?

あと気になっているのが…
ジャクソン サーフトライブ ハリバットモデル 9012L


こちらがスペック

全長:9.1ft
仕舞寸法:145cm 
ルアー:5-20g
ライン:PE0.4-1号
アクション:ファースト
パワー:Light
自重:145g

正しくはサーフヒラメロッドなんだけど、色々な釣りに使えそうで面白そうですよね。
ちょっと長めのレングス設定、操作性重視のアクション(らしい)

これは振ってみたい!サーフで振ったら気持ちいいだろうな…
ヒラメを想定しているならバットパワーも充分にありそうだし…

2018春の新製品情報見て検討したいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuucha

Author:fuucha
釣り好きであり、釣りバカである。
釣りたい魚・・・
クロダイ、メジナ、アジ、シロギス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、マダイ、キジハタ、メバル、アイナメ、カレイ、イナダ、アオリイカ…etc
要するに何でも釣りたい。

よく読まれている記事

ご訪問ありがとうございます