FC2ブログ

記事一覧

アルファタックル玉の柄セット ランディングギアショート230を購入してみた。


今回は、短く仕舞えて魚にもやさしい玉の柄セット、エイテックのランガンギアショート230について書いてみます。

目次
はじめに
1、購入した理由
○プロックス AJネットと迷う…
○長さの選定
2、スペックと外観
3、インプレ
○使ってみた感想
☆良いと思ったところ
☆ダメなところ
○補足
・ブリスターができた
・2.3mの長さは利点
最終評価

おわりに


1、購入した理由


テトラの上で魚を釣った時、タモ無しだと抜きあげた後にハリが外れて落ちてしまうことがあります。口の弱いアジなんかは特にそうで、いつも勿体なく感じていました。
落下してテトラに叩きつけられる魚もおり、リリースするにしてもなるべくダメージを少なくしたい。何か良い方法は無いだろうか…

考えた結果

「アユの友釣りのように腰に短い玉網をさしておけばよいのでは!?」

そう思い立ち、小継玉網で色々調べていくうちに、今回ご紹介するランガンギアに行き着いたわけです。



○プロックスのAJネットと悩む…

 さて、購入にあたって比較対象となったのが、プロックスのランディングネット AJネットです。
 単にアジを受けるだけならば、手ダモとしての機能だけで事足りるはず。
 ベルトに掛けるホルダー付いているし…
見た目もカッコよくて安いし、はじめはこちらに傾いていたのですが.・・・

「待てよ、万が一抜きあげられないような大型が掛かったらどうする?例えば尺メバルが皮一枚のフッキングだけで上がってきたとしたら」

波が多少なりともあれば、手ダモが届くところまで掬いに降りるのは危険ですよね。

 足場のテトラから水面まで距離がある時も、ある程度の長さが欲しくなるのではと思いました。

 それに僕はおっちょこちょいで何かと物を落とすので、その回収のためにも水面まで届く長さは必要だなと思うようになりました。

 そして決定打になったのが、たまたま釣り場で隣合わせた方が使用されている時のこの一言

 僕「そのタモ、便利そうですね」
 お兄さん「うん…だけど服が汚れるんだよね」

 …なるほど、ホルダーを使って差すとネットが下向きになり、濡れたネット部分がもろにズボンに当たるわけですな。
 これで決まった。振出式の小継のランガンギアでいこう、長さは1.5~3mの範囲で考えよう。



○長さの選定
 ランガンギアのラインナップには180、230、330とあります。
 330は自重が565gと重ため。それに今持っているプロックスの剛5.3mと大差なくなってしまう。
 まずこれは除外。残るは180と230ですが、180だと水面まで届かない場合があるし、それなら手ダモと大差ない。という訳で230に決定。230の方が何故か値引き率も高かったし、ナチュラムで購入。


2、スペックと外観


○スペック
 全長:2.3m
 継数:8本
 仕舞寸法:35.5cm
 自重:378g
 先径:12mm
 元径:26.5mm
 
○外観
タモ枠・ネット ジョイントパーツ、シャフト、カラピナフック、5つのパーツからなっています。


シャフトは光沢のあるグレーが基調で、元竿には銀の差し色が入ります。落ち着いてていいデザインです。
手元部分は上半分は滑り止め加工が施され、下半分はカーボンが透かしてあります。goodです。


元竿のみシルバーの口金付き。他は付いてません。

思ったより丁寧に造り込んであるという印象を受けました。

LANGANG GEAR SHORT の他に、Catch & Release or Eat?の文字が。
もちろん僕はイート派です!

タモ枠はダークグレー。ネットはラバー製で思ったよりも深いです。

けっこう目が細かい。
収納用のビニールケースも付いてます。メッシュ補強がしてあり丈夫そうですが、たぶん僕はめんどくさくて使わないでしょう。




3、インプレ


○使ってみた感想
最初はタモジョイントを付けた状態で使用。バランスが悪くて重かったので、ジョイントを外してみると思いの他軽くなりました。

尻栓に小さいながら空気穴があいており、振り出した感じはなかなかスムーズであります。
ただ、かなり小継に作ってあるためでしょう、一振りで伸びきらない箇所もあります。
実際に魚を掛けて振り出す時には2mいかないでしょう。やはり230を選んで正解でした。


☆良いと思ったところ


・とにかく軽い。タモジョイントなしだと約290g(ジョイントが90gなので)
・35.5cmの仕舞い寸法は想像以上にコンパクトで持ち運びやすい。
・シャフトは張りがありたわみが少ない。
・タモ枠が丈夫でしっかりした造り。ワンピースは良いですね。

 継ぎ目もすき間なくぐらつきません。
・ラバーネットで魚が暴れない。深めに作ってあるのである程度大きい魚にも対応。44cmのチヌ、48cmのマコガレイは無理なく掬えました。 掬った後で魚の重みでタモ枠が回ってしまうこともありませんでした。

☆ダメなところ


・EVA製の口栓がちょっと安っぽくてすぐ劣化しそう。耐久性の面からここはEVAでなくゴム素材が望ましかった。


・金属部分が固着する…特にタモジョイント部分。

取り付けると重くなるんで今は取り外しています。結論から言うとタモジョイント要らない
下栓の金属部分もすぐに錆びてきそうなので気を付けなくてはいけませんね。


○補足
・購入して数か月、ブリスターが少しできてしまいました。
 
そんなに長期間に渡って放置した訳ではないのですが、塗装が浮きやすいのかも。こまめにメンテした方が良いです。

・手入れの際には先端に金具が固定されているため先端から3本目までは抜き取ることができません。

 この先端部分は念入りに乾かした方が良さそうです。

・2.3mという長さはやはり利点。上越~糸魚川の各港の、低いところであればほとんどカバーします。風で飛ばされた帽子を救ってくれたこともありました。


最終評価


タモ枠…◎ 
ネット…◎ ラバーネットは思いの他良い
ジョイントパーツ…× 重いし固着する(たまたま外れを引いたかも。固着が続くようならメーカーに問い合わせてみます)
シャフト…○
ケース…○  
カラピナフックとバンド…△ (なくても良い むしろ失くしました(笑))
コスパ…うーん、中の上くらい。ジョイントパーツ無しでもっと安くなるならそうしてほしい。

終わりに
もっと使い込んでみて、また気がついたことがあれば追記していきます。
ライトゲーム用の小継玉の柄は現在様々な種類が出ていますね。
購入を検討されている方にこちらの記事が参考になれば幸いです。

アルファタックル(alpha tackle) ランディングギア ショート 230
by カエレバ
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuucha

Author:fuucha
釣り好きであり、釣りバカである。
釣りたい魚・・・
クロダイ、メジナ、アジ、シロギス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、マダイ、キジハタ、メバル、アイナメ、カレイ、イナダ、アオリイカ…etc
要するに何でも釣りたい。

よく読まれている記事

ご訪問ありがとうございます