記事一覧

【チヌ針選び】 ささめ針 遠投オキアミチヌ 



魚との唯一の接点であるハリ。現在では本当にたくさんの種類のハリが発売されていますね。
この記事では、僕がチヌ針を選ぶにあたって重視しているポイントと、メインに使っている遠投オキアミチヌについて書いてみます。
目次
はじめに
どんな針を選んだらいいだろう?
1、チヌ針に求める3つの要素
1-① ひねりが入ったハリが良い
1-② ケン付が良い
1-③ なるべくいっぱい入っていてほしい
2、ささめ針 遠投オキアミチヌが最適
3、試してみたい他のハリ
・神の海チヌ
・稲妻チヌ
・オキアミチヌ(金龍鉤)
おわりに


はじめに

僕もがまかつ、オーナーばり、ささめ、ハヤブサ、ダイワなど色々なメーカーのチヌバリを使ってきました。
どんなハリを選んだら良いんだろう…?

刺さりの良さ?

値段?

カラー?

重量?


最初はあれこれ迷って、色々なハリを試していました。

そうして何回も掛けたりバラしたりを繰り返していくうちに、自分がチヌ針に求める要素がだんだん固まってきて、今では次の3点に絞られました。

2、チヌ針に求める3つの要素


①ひねりが入ったハリが良い

②ケン付きが良い

③なるべく安くていっぱい入っていてほしい(フグとの消耗戦に備えて)


なお、針先の鋭さについては、名のあるメーカーのものであればどれも問題ないと思っています。

まず①についてですが、チヌ針にはストレートタイプヒネリの入ったタイプがあります。
ストレートタイプの利点としては、負荷が真っ直ぐに伝わるため貫通力が高いとか、水中でオキアミがくるくる回らないとか言われています。
ですが、これらは釣果にそこまで差はない(自分調べ)と感じています。

それよりも、僕の場合はストレートタイプを使っている時の方が、ハリ外れや合わせた時のすっぽ抜けが多かった。

ヒネリタイプの方は、わずかでも引っかかる所があればハリ先が立ち(確実に掛け)
喉の奥やカンヌキに掛かった時に、負荷をかけると斜めに食い込んでいく(ハリ外れが少ない)
のではないかな~と思っています。

もちろん合わせ方やヤリトリには個人差がありますが、僕にはヒネリが入った方が相性が良かったんですね。
まずヒネリが入っていることは必須。

そして②。僕はエサずれが嫌いです。
ハリにエサが確実に付いている安心感のもとで仕掛けを流していきたいので、ハリに刺したオキアミがずれたり、ちょっと小魚がつついただけで外れては困るのです。

そこでケンの出番です。ケンがあることによってオキアミのキープ力は間違いなくUPします。
スイカやコーン・ネリエなどのエサも、ケンの所が引っかかってエサ持ちが良くなります。
また、僕が多用する食わせダンゴの中に握りこんだ時もオキアミのズレが少なくなります。

ケン付であることも外せない。

さらに、③「できるだけ安くていっぱい入っていてほしい」
上越ではどこの釣り場でもフグとの消耗戦になることが多く、半日で1袋とか使い切ることもしばしばありますので、あまりに高すぎる針はサイフに痛い。

こう考えていくと、なかなかこれに見合うハリは無いんですよね。僕がわがままなんですかね。
特に最初の2つ、ヒネリ入りかつケン付のハリは意外と少ないことに気づきます。
オーナーの沖アミチヌもヒネリなし。がまかつのA1遠投チヌもヒネリなし。
ですが、色々調べていくうちに、そんな希少なヒネリ入りかつケン付のチヌ針を見つけました。

2、遠投オキアミチヌが最適



こちらがヒネリ入りでWケン付ささめ針 遠投オキアミチヌです。
この遠投オキアミチヌが僕の現在のメインフックです。Wのケンがサシエをキープし、掛けてからはハリ外れが少ないと感じています。
実売価格は1袋220円前後で11本~13本入。決して多くもないですが、少なくもない。まずまずです。

2号を標準に、1号~3号を状況に分けて使い分けます。
カラーはオキアミとつや消しブラックの2色があり、オキアミカラーは噛み跡でエサ取りの種類を判別するのに一役買っています。
(まあ、上越ではフグはほとんどのポイントに居ますけどね)

また、このハリの特性として、負荷を限界まで掛けた際には、折れずに曲がります
1号だと特にそうですが、根がかりした時「じわ~っ」っと極々ゆ~っくり引けば、ハリが伸びて仕掛け全体を助けてくれます
取り込んでみたら多少伸ばされていたことはありますが、魚に折られたり伸ばされたりしてバラしたことは、これまでの所ありません。
強度も十分です。
by カエレバ


3、試してみたい他のハリ


ちなみに同じささめ針からは…
「神の海チヌ」「稲妻チヌ」の2種類も出ていますが、こちらもwケン付でヒネリ有ですね。
ささめ針(SASAME) KN-17 神の海チヌ ホワイト 3
by カエレバ


by カエレバ

定価はそれぞれ330円と400円で、遠投オキアミチヌよりもちょっとお高い…

特に「稲妻チヌ」はトップレスコートで刺さりも良さそうですね。値段が高いのが玉にキズですが、
これからはこちらもちょっと使ってみたいです!

それと、上越の釣具店であまり見かけないですが、金龍鉤のオキアミチヌはWケン付のヒネリ有ですね。
こちらもいずれ使ってみたいですね。

おわりに


ささめ針の遠投オキアミチヌ、良いですよ!
クロダイのウキフカセ釣り用のハリで、ヒネリやケンの有無を重視されている方は、一度お試し頂いてはいかがでしょうか。
僕もこのハリをメインで使いつつ、他のハリも色々と試してみたいと思います。また気づいたことがあれば書き加えていきます。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuucha

Author:fuucha
釣り好きであり、釣りバカである。
釣りたい魚・・・
クロダイ、メジナ、アジ、シロギス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、マダイ、キジハタ、メバル、アイナメ、カレイ、イナダ、アオリイカ…etc
要するに何でも釣りたい。

よく読まれている記事

ご訪問ありがとうございます