FC2ブログ

記事一覧

ウキフカセ釣りにPEラインの道糸 アリ?ナシ? メリット編



ウキ釣り・ウキフカセ釣りの道糸は、長年ナイロンラインが主役でした。
これからも主流はナイロンで変わらないと思います。

しかしこのところ、船釣りやルアー釣りのように
PEラインを使った釣り方が注目を集めています。


広島のチヌ釣り名人、大知昭さんも近年PE道糸を使われているとか。
キザクラからは、『黒魂』ブランドからチヌ釣り専用PEラインが発売されていますね。

私もここ2年ほど、上越のフィールドで様々なシチュエーションでPEラインを使ったウキフカセ釣りを試してきました。

結論から言うと、ウキフカセ釣りの道糸にPEラインはアリかナシか?と聞かれれば

「おおいにアリ!」です。

ではどんなところが優れているのか。

PE道糸を使う際に私が感じたメリットは次の1点に集約されます。

『同じ強度ならナイロンよりはるかに細い糸が使える』

他にも、PEラインはほとんど伸びないラインですので、ウキが見えない時や沈めている時でも穂先でアタリを取りやすいとか、ナイロンラインと比べると寿命がはるかに長いとかメリットはあるのですが…

この『細糸が使える』という所にナイロンと比べた時の優位性が詰まっています。

私が使用しているのは0.6号。
ナイロンでこの号数の道糸を使用する勇気はありませんが、PEなら全然アリ。
これでも10lb以上の強度があると謳われております(メーカー表示は参考程度に)
ナイロン2号は8lbですので、その位の強度は余裕であるわけですね。

ウキフカセ釣りにおいて細糸を使えることがどんなに素晴らしいか。

ざっと挙げてみると…

細糸が使える、ゆえに飛距離が伸びる(ネリエなどもやんわりと投げることができる)

細糸が使える、ゆえに小さいウキでも遠くまで飛ばせる →ウキのサイズダウンをしやすい

細糸が使える、ゆえに潮筋をより自然に流せる(自分も上手くなったなーなんて勘違いするぐらい、仕掛けを自然に流すことができます)

細糸が使える、ゆえに楽に道糸の軌道修正ができる寄せ波を切る事も容易。

細糸が使える、ゆえに風の影響を抑えることができる(高比重のPEラインを使用すると、この効果をさらに実感できます)


この通り、いいことずくめなんですね。
特に上越に多い、水深1~2Mの浅場のポイントや、渚釣りなどではこれらの要素は大きなアドバンテージになることでしょう。

私はもともとルアーやエギングでPEラインには慣れていますし、これだけのメリットがあるならもう全部PEにしちゃえばと思うところですが…







…やはりデメリットはあります。

次回では実際使って感じたPEライン道糸のデメリットについて考えてみたいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuucha

Author:fuucha
釣り好きであり、釣りバカである。
釣りたい魚・・・
クロダイ、メジナ、アジ、シロギス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、マダイ、キジハタ、メバル、アイナメ、カレイ、イナダ、アオリイカ…etc
要するに何でも釣りたい。

よく読まれている記事

ご訪問ありがとうございます