記事一覧

チヌパワーくわせダンゴの使い方と、釣果UPのための一工夫

こんばんは。

突然ですが、私は「くわせダンゴ」が大好きです。
「くわせダンゴ」というのは、マルキューから出ている商品で、正式な名称は「チヌパワーくわせダンゴ」というものです。


      株式会社マルキューより画像引用


遠矢ウキの生みの親、遠矢国利名人が考案したと言われている、まあ簡単にいえば粉から作るネリエサですね。クロダイを本格的に狙う方は一度は見たか、検索したことがあるか、実際使ってみたことがあるとおもいます。

クロダイにはもちろん、メジナにも効果抜群のエサです。


このエサの何が素晴らしいって…
どんなにエサ取りが多くても、サシエサが底まで届くってことなんです。

サシエが途中で取られないなんて、なんて素晴らしい。
サシエが取られた仕掛けをいくら流したって、魚は釣れませんからね。

その上、ピンポン玉くらいの大きさであっても比重はB程度しかなく軽いため、棒ウキ等を使えば仕掛けをそのままでウキでアタリを取ることが出来ます。

あまりに好きで、店頭から消えるのを怖れるあまり自作の研究に没頭したこともありました(オリジナルを購入する金が惜しいということもありますが)
…自作の方法はまたいずれお伝えするとして


このエサの使い方について。

オキアミをつけたハリを中にくるんで、えさ取りからガードするこちらのエサ。名人によれば、サシエをガードするのは目的でなく、このくわせダンゴ自体が食わせエサであり、オキアミをつけるのはあくまで保険とのことです。

ですがこのダンゴエサ、使い方にちょっと慣れが要りまして、うまく扱えていないと投入時にダンゴだけ飛んで行ってしまう(ダンゴ飛ばし)あるいは、投入した仕掛けを回収する時にダンゴが返ってきてしまう(ダンゴ返し)などの現象が起こります。
おそらくこのエサを使った誰もが経験したことがあると思います。

このトラブルをなんとか解決できないかと、いじりたがりの私は色々と添加物を入れてみることにしました。

まず、キャストの途中でハリからダンゴだけが外れないようにするには「粘り」を出せばいい。


そう考え色々調べた結果、ヘラブナ用の増粘剤『粘力』を少し加えるのがよいという情報をキャッチしました。

これで粘りが増してキャスト時のダンゴ飛ばしが激減するはず。
こちらが『粘力』


きめ細かい粉末です。小さじが付いています。


入れる時は付属品の小さじに1杯~2杯ぐらいで様子を見てみるといいです。

使ってみると、なるほど良く効きます。これだけでダンゴの粘りや持ちがずいぶん向上します。

ただし、得意のどケチ精神で、小麦粉でもやってみましたが、同様の効果が期待できます(実験済み)

もう一つ調味料を加えてみます。
お次は『チヌにこれだ』

このようなボトル入りの集魚剤を、海水に溶かして入れてやりましょう。さらに食いが高まるはずです(エサ取りもね)
あ、今思いついた!カブトムシのエサに使う黒糖ゼリーとかどうですかね、甘味が出そうな。夏になったらやってみよう!

…ここまで来ると他にも何か入れたくなりますね。もっと粘りがでて、もっと集魚するような何かが…


そうです。私好みのアレがあるじゃないですか。
アミエビが。使用する海水300cc(規定量)を思い切って全てアミエビにしてみましょう。





集魚力が半端じゃなくアップする上に、粘ります。もうこれでもかってぐらい。

…うーん、釣れそう!アミエビとくわせダンゴのコンビネーションなんて。これこそ最強ですよ。

ですがここでデメリットが思い浮かびます。
…ここまで粘る材料を入れると、投入時のダンゴ飛ばしは減っても、逆に「ダンゴ返し」が多くなるんじゃないの?

そりゃあそうですよね、あんだけ粘る材料を入れましたからね。
ではどうすれば良いか。

その分少し工夫をします。

















…なるべく小さくつけるんです。
まず、ハリを小さくします(目安は最低でもチヌ1号かグレ4号あたりを使う)
次に、付けるオキアミを小さくします。頭と胴体を取って3関節ぐらいを丸く付ける。

くわせダンゴは小さく堅く握ります。だいたい1円玉くらいのサイズに握ります。

ダンゴ自体を小さくすることで、キャスト時の空気抵抗も少なくなり「ダンゴ飛ばし」のリスクはさらに減ります。

さらにダンゴ1コあたりの使用量が減ることで、おサイフにも優しくなります(実はこれが一番ありがたかったりする)

これでダンゴ返しも解決。

え?これってふつうのネリエサじゃないかって?
それでもいいんですよ、500円ちょっとでネリエサがいっぱい作れるなら(爆)

ちなみにこの極小のくわせダンゴでも毎投エサが残ってくるなら、もう付けエサはオキアミでも大丈夫でしょう。
その状況なら。かなりの高確率でクロダイとご対面できるはずです。

くわせダンゴを入れておく容器は、ダイワのセパレートバッカンがおすすめです。



このようにバッカンに取り付けます。


移動するとき持ち運びやすく、途中でかき混ぜたりする時にも扱いやすいです。

くわせダンゴを使わない時は、軽食や飲み物を放り込んでおいたり、オキアミやボイルオキアミを素のまま入れておいたりする(こちらが本来の使い方)こともできます。何かと便利ですよ。

また、寒い時期に素手でダンゴを握るのはなかなか辛いものがありますが…




このような極薄手のゴム手袋をはめ、その上からグローブをはめるといくらかマシになります。
(当然のことながら汚れるので、グローブは安いやつで十分ですよ)
この極うすゴム手袋作戦、寒い時期の他の釣りでも使えます。
ただし、薄手の手袋にハリ先がひっかかりやすくなるので、そこだけは気を付けて下さいね。

いかがだったでしょうか。
このくわせダンゴ、フグやコッパグレ、アジなどエサ取りの多い上越のフィールドでは、時としてものすごく活躍することがあり、非常に相性の良いエサだと感じています。エサ取りの多い時期でもクロダイを釣りたい方、一度お試し頂いてはいかがでしょうか。

…くわせダンゴのこと書いてたらダンゴで釣りたくなってきました。
ダンゴをにぎにぎ、片手でにぎにぎ。寒くてもにぎにぎ。
今度晴れたら、ダンゴでウキ釣りかな!

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事を読んで下さった皆さんに、クロダイの釣果がありますように。

それでは…
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuucha

Author:fuucha
釣り好きであり、釣りバカである。
釣りたい魚・・・
クロダイ、メジナ、アジ、シロギス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、マダイ、キジハタ、メバル、アイナメ、カレイ、イナダ、アオリイカ…etc
要するに何でも釣りたい。

よく読まれている記事

ご訪問ありがとうございます