記事一覧

シマノ エアサーモベイト・ステンの欠点をどうにかしてみる

目次はじめにエアサーモベイトとは…サーモベイトの致命的な欠陥○フック部分がぐらつく○フックが折れる改善策は無いか…別のホルダー部分を用意するネジで止める角を削り取る完成!おわりに はじめにこの記事では、シマノから発売されている高機能エサ箱 エアサーモベイト・ステンについて書いていきます。 エアサーモベイトとはエアサーモベイトというのは…シマノから発売されている”エサ箱”である。広島のチヌ釣り名人大知昭さん...

続きを読む

マキエを混ぜるにはマゼラー?それともスコップ?

この記事では、ウキフカセ釣りのマキエを混ぜるための小道具について考えてみます。いわゆる「マゼラー」や「スコップ」です。目次はじめにマゼラー型・ダイワ プロバイザーコマゼスコップ型もある・タカ産業 マキエスコップ結局どちらが良いの?おわりに はじめに目立たない、だけど忘れるととても困るのがマゼラー。以前釣り場で忘れた時は、仕方なくその辺に転がっていた流木を使って混ぜたこともあります。当然、非常に使い...

続きを読む

ふかせからまん棒のズレ対策

ウキフカセ釣りの名脇役といえば、ふかせからまん棒ですね。ふかせウキゴム×2個を道糸に通し、軸の両端を差して固定すればできあがり。中通しウキ仕掛けでは、これを付けておくことでウキがハリの所まで落ちてくるのを防いだり、ウキ下を調整したりすることができます。棒ウキ仕掛けではこれが無いと糸ガラミが頻発します。文字通り、糸ガラミを防ぐアイテムです。また、水中の仕掛けの角度や入り具合を見たり、アタリを取るため...

続きを読む

仕掛け交換はサシエを中心に考える【クロダイ ウキフカセ】

クロダイのウキフカセ釣り。気配があるのに食わない時。我々釣り人は様々な手を打ちます。【クロダイ ウキフカセ】食わない時の二十二手はこちらウキフカセ釣りに限らず、釣りでは状況に合わせて仕掛けを変えていくことが多いですね。しかし、この仕掛け交換は何を基準に考えればいいのでしょう。とある入門書の教え以前、僕がクロダイ釣りに夢中になっていた時。あるクロダイ釣りの入門書にこう書いてありました。「釣れない時に...

続きを読む

【クロダイ】ウキフカセ 食わない時の二十二手

上越 クロダイウキフカセ 食わない時の二十二手目次はじめに1、サシエ・ハリ関係(1)サシエを小さくつける(2)大きく房掛けにする(3)サシエの種類を変える(4)オキアミにフェロモンパウダーをまぶす2、マキエの打ち方を変える(5)マキエをどか撒き!(6)ポイントを休ませる(7)粒のオキアミを混ぜる(サナギミンチの場合もあり)3、ウキ下の調整(8)仕掛けを這わせる(9)ウキ下を詰める4、ウキ、オモリ、...

続きを読む

プロフィール

fuucha

Author:fuucha
釣り好きであり、釣りバカである。
釣りたい魚・・・
クロダイ、メジナ、アジ、シロギス、シーバス、ヒラメ、マゴチ、マダイ、キジハタ、メバル、アイナメ、カレイ、イナダ、アオリイカ…etc
要するに何でも釣りたい。

よく読まれている記事

ご訪問ありがとうございます